生態

水周り収納

ゴキブリが嫌いな人は多いですが、地球で生まれた古代の生物の中で適応能力がある昆虫として生き残った繁殖力が強い生物です。しかし寒さには強くない弱点があります。一般的に家庭で見られるのは、クロゴキブルとチャバネゴキブリです。前者は屋外と屋内を行き来し、冬場は卵か幼虫で外で越冬し気温が20度以上になると成長し25度以上になると繁殖します。後者は熱帯性のため屋内の暖かく狭い場所でじっとして越冬しますが、暖房が利いている部屋なら冬でも出てきます。

駆除するタイミング

食卓

日本の中でも北海道や標高1000m以上の高原ではあまり見かけないというのはそのせいですが、本土でも普通4-5月は繁殖できる成虫の固定数が少ない時期です。ゴキブリを駆除するタイミングはこの弱点をついた対策が必要です。寒い間、なりをひそめていたのが活動し始めるのは4月以降です。そのため、繁殖期を迎える前の5-6月ごろ家の中をまるごと退治する「くん煙剤」を利用するのは効果的な対策です。卵の状態には効果がないので、気温を見ながら時期を選ぶことが肝要です。

対策をする時期

洗面台の掃除

どれくらいの頻度で見かけますか。人間のいる街に住んでいるイメージをお持ちでないでしょうか。何千年と絶望せず生き残っている生物だという事から、生命力のつ用昆虫として見られています。人間の近くに住み着くことで彼らにとっては住み心地の良い環境なのです。食べ物が手に入りやすく、なおかつ自然界にいる天敵に襲われにくい。下水道や生ゴミなどを歩き回ることから、不潔感、外見の不気味さ、そしてゴキブリが齎す害等で、良いイメージを持たれにくい昆虫です。

対策の方法と必要性

お風呂場を洗う

対策法は進入対策、駆除対策、そして巣作り防止とさまざまな方法が挙げられます。住み着いているのを除去するより、家にいない状態を保ち、外からの進入を防いでいくのが理想です。卵1つから何十匹と生まれてくる昆虫。このことから1匹でも見かけたらあとX匹は見ると考えても過言ではない。ハウスダストのアレルギーを持つ物はゴキブリにも反応を起こすと言われている。それは死骸・糞・液体等がアレルギーの原因になると言われているからです。

最適

流しの掃除

暖かい時期に活動を始めると知られているゴキブリの対策時期は4,5月に行われるのが望ましい。まさにこの時期に多く見られる昆虫です。殺虫剤に効果はありますが、人間が食べ物と保存したり、調理するキッチンでの使用には戸惑いがあるのでは無いでしょうか。餌タイプ、超音波タイプ、ハーブ/アロマの匂いを使う方法と多くありますが、特徴が少しづつ違うので手軽さや即効性、利用用途に合わせ選ばれています。夏にかけてどんどん行動が活発になってくるゴキブリ、今の時期に対処法を考えたいものです。